敏感肌と乾燥肌の違い:敏感肌と乾燥肌の共通点?

敏感肌と乾燥肌の共通点はともにお肌の保水力低下、つまり水分不足です。

敏感肌や乾燥肌はお肌が水分不足の状態で外部からの刺激に弱く乾燥しているのです。

本来角質層にある細胞間では皮脂や細胞間脂質の重要な役割によりしっかりと水分が閉じ込められています。

保水力がしっかりとした肌の角質層は潤いに満ち溢れ柔軟性を与えます。

しかしこの働きが低下することで水分を閉じ込めておくことができず柔軟性は失われ、皮膚の乾燥や外部刺激からの影響による肌トラブルを招くことにつながります。

敏感肌と乾燥肌は水分を逃がさないようにしてあげ肌本来がもつ機能をサポートすることが必要です。

その保湿を助けてくれるのが今話題のクレアルです。オールインワンゲルなので手軽にケアできますし、まずはクレアルの口コミをチェックしてみてください。

 

ワセリンは病院でも処方されるほど、小さな子供から大人まで使用することができる安全な油性です。

お肌の角質層への浸透は化粧品のようにしないので、化粧品の成分の刺激などに敏感になっている方にも最適で、角質層で構成されているバリア機能の保護をしっかりと行ってくれる縁の下の力持ち的存在です。

皮膚の表面を保護し異物の侵入を防ぎ外部刺激も和らげてくれる特徴があります。

界面活性剤を含まないワセリンは細胞間脂質を溶かさないのも大きなメリットです。

ひたすら皮膚がもつ本来の働きの自ら修復する力をサポートします。

洗顔後に米粒1つ分を目安にお顔に塗ります。

足りないようならさらに米粒1つ分をさらに塗るなどして、少量ずつ使用するようにしてください。使用前に手のひらや指先でよく温め伸ばしてあげるのもコツです。

コメントを残す