知っているようで知らないスキンケア:クレンジング成分に気をつけて!

美容に熱心な方なら美肌作りのためには、きちんと汚れを落とし、洗顔をし肌を柔軟にしてから保湿成分や水分を導入しやすく整え、水分、保湿をしっかり肌に入れる、それから、美容成分など肌に栄養を与え活力を湧かせることが大まかな美肌に近づくスキンケアの基本体制なのは重々ご承知のことでしょう。

しかし、洗顔、水分、保湿、栄養に使用する成分には細心の注意を払い、オーガニック、無添加、超有力良質成分など、こだわりをみせる中、クレンジングはその後の洗顔の過程として少し、ないがしろにされている方を見受けられます、ことさら成分には無頓着な方が多くみられがちです。

そこで、せっかくきちんと与えられるその後の良質な補給分をフルに生かしきるためにも特に気をつけたい、クレンジングに含まれる成分をみていきましょう。まず、そのひとつにあげられるのが、台所洗剤で馴染みが深い、合成界面活性剤でラウリル硫酸、 ラウレス硫酸と硫酸などと表記されお肌のバリア機能を突破し、タンパク質を変質させバリア機能に狂いを生じさせるものです。

そして、鉱物油の流動パラフィンは肌馴染みが悪く落ちにくいことが皮膚呼吸へと影響を与えることから避けるべき成分といえます。かといって、あまり落ちすぎるといったクレンジングは、必要なお肌の栄養分も落ちすぎるということに繋がりますので十分注意し、賢く質の良いクレンジングを選択し取り入れ、より磨きがかかった美しいお肌を目指しましょう。

コメントを残す