スキンケアについてまとめてみた:べたつかない保湿方法

保湿するためのスキンケアは様々な方法がありますが、効果の高いケアをしようとするとクリームなどを使ったケアが多くなります。しかし、保湿クリームなどはべたついてしまうものが多く、重い感触が苦手なひともいると思います。

クリームの役割は、化粧水や美容液で与えた水分や有効成分を肌に閉じ込めて長くキープさせるという働きがあります。肌の乾燥しているひとの多くが、化粧水、美容液、乳液だけで改善しようとしているひとが多いですが、それだけではあまり効果がないのが現状です。

しっかりケアしたい場合にはスキンケアと同時にクリームでしっかり水分と有効成分を肌に閉じ込めておくことが重要となります。べたつくからクリームが苦手という人も多いため、近年では軽い使い心地のクリームも多く販売されています。それらを選ぶのと同時に、べたつく乳液やクリームは上手なつけ方をすることが大切です。

まず乳液をつける場合には、小指の爪程度の量を手に取ります。両手のひらを合わせて手の全体に薄くの伸ばして、その手を顔全体に包み込むようにして数秒抑えます。乳液が顔全体に満遍なくなじむようになったら完了となります。乳液だけではケアが物足りない場合には、クリームを利用します。クリームも同じように少量手にとって、手でなじませて同じように顔全体を包み込んでケアします。乾燥が気になる頬などは少量を重ね付けしていくことで乾燥の改善を期待することができます。

コメントを残す